疲れ目・眼精疲労を整体で治療

目の疲れ、眼精疲労をマッサージで癒す

目の疲れについて。

 

目を酷使する事の多い方や、目を長時間酷使してしまった時には、目疲れが生じる事があります。目が疲れると、瞼が重く感じたり、だるく感じたり、けだるい感じがし、目を閉じて早く寝たいという感覚になります。また、目疲れによって、目が赤くなったり、かすみ目になってしまい、視界がぼやけたりするなど、何かしらの違和感や不快感を感じてしまう事があります。

 

目の疲れをそのままにしておくと、目に疲労物質がたまってしまい、いつまでも疲れはとれません。睡眠不足でも、目には疲れがたまりやすいです。目を酷使しなければいけない時でも、目をこまめに休めたり、一日の終わりに目疲れをケアしていく事が必要です。

 

目疲れを癒すために…

 

目の疲れを癒していくためには、一体どのような事を実践していけばいいのでしょうか?

 

これにはいくつか方法があります。目に蒸しタオルを乗せるのもいいですし、瞼をよくマッサージする事もいいです。単純な事ですが、十分な睡眠も、眼精疲労に効果的です。目薬で目を潤わす事もおすすめです。

 

しかし、一番おすすめは、目のマッサージです。ご自分の手を使って、目の上や目の下など、目周りをよく揉みほぐしていく事で、かなり眼精疲労は緩和されていきます。

 

目の疲れとマッサージの関係とは。

 

眼精疲労を克服するために、マッサージをする事は、とても効果的です。一番簡単な方法としては、目の上を、中指などを使って、指圧する事です。また、目と目の間の細いみぞおち部分を揉む事も効果的です。疲れがたまっていると特に、揉んでいる時にキュッキュと音が鳴ります。