疲れ目・眼精疲労を整体で治療

眼精疲労は現代人の宿命?

現代は目に疲れがたまりやすい。

 

現代の特徴として、パソコンやスマートフォンなどを頻繁に利用する機会が増えているという事が挙げられます。現代では、パソコンやスマートフォンなどの機器の機能が、大変便利となってきました。目に疲れがたまりやすいのは、このような現代社会の特徴を反映しており、眼精疲労は、現代人の宿命とも言えるでしょう。

 

電子機器の画面を長時間に渡り見ていると、目にとってはそれだけ負担となり、疲れがたまりやすくなってしまいます。テレビやスマートフォン、パソコンからは、ブルーライトと呼ばれる、有害な光線が放たれています。このライトが、人の目にとって、負担を与えているのです。目にストレスを与えているのは、電子機器の画面から発されるブルーライトによるものです。

 

最近では、このブルーライトをカットするためのPC用眼鏡も販売されていますが、100%カットできるわけではなく、40%〜60%なので、今後の開発に期待していきたいものです。

 

目に酷使は控えよう!

 

現代では、小さなお子様でも、パソコンやスマートフォンを使っている子が多いです。幼少期からこのような電子機器に慣れておくのは、とても良い事ですが、目にとっては、あまり好ましくありません。

 

人によっては、一日中誰ともコミュニケーションをとらず、パソコンやスマートフォンばかりと向き合っている人もいます。現代では、このような生活でも十分便利に生活する事ができるので、不自由ないという考え方もできますが、その分、目を酷使する時間が長くなってしまうので、やはり目の衛生上、いいものとは言えません。

 

どんなに便利であり、このような製品を使う必要性があっても、目は休み休み使っていく事が大切です。

 

特に、加齢と共に、目も疲れやすくなってくるので、ご自分の年齢に応じて、適切に目をいたわっていく事も、とても大切なのです。